大工の鉄則


大工ならば、これだけは守れ!
by kohix6cpx0
プロフィールを見る
画像一覧

検察、弁護側同意なしの証拠を誤って朗読(読売新聞)

 昨年7月、日本医科大付属病院で入院中の長男(当時40歳)が母親(67)に刺殺された事件を巡り、19日に東京地裁で開かれた裁判員裁判の証拠説明で、検察側が被害者の妻の供述調書を朗読した際、弁護側が同意していない部分を誤って読むミスがあった。

 弁護側の指摘を受け、山口裕之裁判長が該当部分を証拠から排除した。東京地検は「起訴事実にかかわる証拠ではなく、公判に大きな影響を与えるものではないが、誠に遺憾で再発防止に努めたい」としている。

 誤って朗読されたのは、妻の供述調書のうち、殺害された夫の借金に触れた部分。山口裁判長は法廷で、裁判員に対し、「被害者の借金部分は頭の中から外すようにしてください」と述べた。

ギョーザ事件、21・22日に日中情報交換(読売新聞)
ドミノ・ピザに強盗、捕まえてみれば元社員(読売新聞)
影武者欲しい? 桜を見る会で、首相がそっくりさんと握手(産経新聞)
データ改竄で解雇、元筑波大学院教授の請求を棄却 水戸地裁支部判決(産経新聞)
村木被告「わなにはめられた」 実質審理終了、9月にも判決 郵便不正公判(産経新聞)
[PR]
by kohix6cpx0 | 2010-04-20 16:16
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧